憧れのワーホリ

紛争地域は対象じゃないから安全?

2014 | 06 | 19

ワーキングホリデーとは、国と国との合意に基づいて31歳までの若者を対象として異文化交流や海外で働く機会を通じて回外位を知ることが出来るシステムです。今までに多くの日本人の若者達が欧米先進諸国を中心としてワーキングホリデーを利用して異文化交流や海外で働くことを体験してきました。このシステムの魅力は、欧米先進国や近隣諸国の比較的安全な地域に限定されているという点にあります。双方の国では興隆が活発化しており、若者の行き来があります。紛争地域は適応の対象外となっているので、比較的安全な地域のみでワーキングホリデーの実施が認められています。最も人気があるのは、やはりカナダやオーストラリア、ニュージーランドといった国々です。アメリカや英国、フランス、そして台湾がついで人気があります。中国や韓国でもワーキングホリデーが可能ですが、両国との関係悪化にともなって参加者は減少傾向となっている状況にあるようです。

ワーキングよりホリデーが強すぎると

2014 | 06 | 19

ワーキングホリデーというのは、はたらくことよりもホリデーの意味合いが強すぎることから、せっかく海外へ行ってもアルバイト程度の仕事しかできなかったという経験者の体験談が数多く存在することも事実であります。ワーキングホリデーというのは、年齢制限があり、その年齢制限のうちであれば人生で一度だけこの制度を利用して海外で働きながら異文化を体験することができます。就労ビザとはまたビザの扱いが異なるのがこの制度のメリットでもあります。日本へも多くの若者がワーキングホリデーを利用して来日していますが、主にアルバイトを中心とした仕事に限定されており、なかには期間を過ぎても帰国しないので不法滞在者、または不法就労者として強制送還に合う若者も少なくありません。ホリデー的な意味合いが強いので、アルバイトをしながら観光地を回ったり、長期間旅行を楽しむことが出来るという、フレキシブルなビザです。ステイタスは留学とは異なります。

海外での経験を生かして仕事に就いたね

2014 | 06 | 19

ワーキングホリデーは、カナダやオーストラリアなど海外に行き、英語を勉強しながら観光をしたり過ごすことができるプログラムで、長期滞在ができます。またこのワーキングホリデーの魅力は、就労が許可されているということです。海外に行き現地で仕事をする経験をすることができます。将来英語を使って就職したいと考えている人にとってはいい経験になるし、海外での仕事の進め方やコミュニケーションのとり方などいろんなことを学ぶことができ、とても有意義なプログラムと言えます。そこで実力が買われて現地で採用される人もいれば、日本に戻り経験をアピールすることで就職につながる人もいます。ワーキングホリデーはその国で一度きりしか体験することができないので、いかに限られた時間で自分の思うように過ごすかが大事なのです。ですから、とくに就職を検討しているなら、ワーキングホリデーではすぐに英語を習得して現地で慣れて就労をしたほうがいいのです。